WEEKLY OCHIAI まとめノート|落合陽一が語る「日本人とお金」

「日本人とお金」

Part1. 日本人は拝金主義から脱却せよ

Part.2 新しいお金の可能性

Part.3 私たちはお金にどう向き合うべきか


本題に入る前に、落合陽一氏の話題となったツイートをPick

Pixie Dust Technologies, Inc.

落合陽一率いるピクシーダストテクノロジーズ株式会社、第三者割当増資およびNEDOのSTS事業採択を通じ、総額6.45億円の資金調達を実施し、新体制を構築。
http://pixiedusttech.com/003/

一体何がすごいのか?

資金調達後、落合氏は大学を辞した後、大学に自分の口座から会社を作りそこに着任。つまり自分の給料は自分で払うといったスキームを構築した。普通、大学の先生や教授は、社会実装する際にはリスクを取らない。共同研究しますと言いつつも、共同研究先の企業はリスクを取るものの、本人は30年くらい大学の椅子に居座り続ける考えである。これは全然身が入っていないし、リスクを取ってると言えない。
そこを考えたら、どうやってリスクを取って、且つフレキシブルに走れるか、産業応用を考えた上で教育を行ったり社会実装に向けて走れるかを考え、あとは国立大の中に産業と密接に組んだ研究機関を民間資金でどうやって打ち立てるか、という問題をクリアしなければいけないとなったときにたどり着いたのが、国から給料をもらわなければ良いということだ。大学と民間企業がフェアな関係、大学は大学が持つ機材を提供し学生をアサインする、会社からはその教員を送り込んで給与を払って学生達とプロジェクトを行い、教育・研究・事業をフェアな形でジョインするような仕組みを作らないとスケールしない。それを作ろうと考え始めた。そうすると僕(落合氏)は国から給料をもらってることではなくなし、学生達はOJTでプロジェクトを回せることが可能になる。このスキームなら会社から給与を出して良いことにもなる。そうなると日本の共同研究の在り方は変で、アメリカなどでは共同研究が無くなれば学生であってもクビになったりするんですよね。つまりは、給料が払えなくなるから「君は大学院生としてうちにはいないで」ってなる。このスキームならば、ボランティアベースの普通に大学に所属している昔からあるヨーロッパ型の日本型の大学院生もいることができるし、それでいてアメリカ型の給料をもらえる学生を作ることもでき、共同研究のスキームも取り入れることができるので非常にやりやすくなると思う。給与形態も決めやすく柔軟にもなる。
大学の共同研究の問題点は、学生達に給料を払わないくせに共同研究で企業から金をもらうこと。それって大学で学生がただ働きさせられている感じである。今回のスキームでは、学生が搾取されていたり、企業に偏って学生がボランティアで働かされているようなそのような偏りがなくなり、判断がつきやすくなったことがメリットである。そのような自由なスキームを作るには、少なくとも国立大という枠組みから一旦はみ出した上で、市場からお金を募り、機構を作らなければいけないという考えに至った。
多様な雇用体型、一人IPOのような形は、一般的な企業でも応用できることだ。つまり突き抜けることができる在り方ができたということだ。
今後もこのようなスキームが増えてくれば良いと思う。

「まだまだどぎつい発表は控えている。来年になるけどね」と落合氏は意味深な言葉も最後に残す。


ここから本題・・・

Part1. 日本人は拝金主義から脱却せよ

落合さんから見る日本人とは

どっぷり拝金主義と言える。だって年収で考えるでしょ、就職先を。しかも嫁ブロックとかもあるし(笑)日本のTV番組とかも「年収や資産」を取り上げたり、「豪邸訪問」とかの番組があったり。意味ないっすよね、本質的に。何か意味あるのかな。お金って信用だったり価値だったりするもので、それが溜まってる所が凄いという考えは変ですよ。

日本の拝金主義って強まってるの?

強まってますね。失われた10年以降、強まっている。拝金ベースでものを考えると今の社会は何も上手くいかない。

拝金主義は負のサイクル

お金が溜まってる方が価値があるという考えは、お金が留まっていることに意味があるということですよ。逆ですからね。キャッシュフローが成立してるところに意味があるだけで、お金が留まってるところに意味なんかないですからね。

貯蓄は最悪?預貯金は美徳なのか

貯蓄は金融資産になってればいいし、投資に回っていればいいですけど。預金ってのはユーザーしか損してないですからね。タンス預金ってリスク高いですよ。預金って国策で美徳にしてるんですからね、明治時代に。タンスでなく投資に回せば良いんですけどね。投資に回せば社会にも良い。日銀だってきっとそうして欲しいのに、なぜか明治時代の美徳をそのままにタンスに入れちゃうんですよね。稼いだお金を投資に回せば社会が潤うということが美徳なのに、口座にゼロが沢山並んでることが美徳に感じる考えに着地していることは考えなければならない。

貯金から投資へ、何故広がらないのか

TVで「貯金いくら?」「豪邸の査定額いくら?」なんてやるからじゃないですか。豪邸・・・豪邸が投資になってたら良いんだけど、日本では家に投資しても意味ないですからね。日本の家はすぐ価値が下がっちゃいますからね。

拝金主義に走らせる呪縛、住宅ローン

住宅ローンって国策じゃないですか。これも明治時代ですよね。住宅ローンをなんでやり始めたかって、建てたものを売って可処分所得からお金を取っていくと非常に国家の開発が進むという案件ですからね。昔の戦争時代ならいいんでしょうけど、今では国民も減ってるのに住宅に投資してもねえ。これは、みんなで声を大にして言わないと変わらないんですよね、たぶん。

[ユーザーからの質問]

Q.ギャンブルはするのに投資は怖いと言う人がいるけれど・・・

投資がギャンブルと思ってる時点でおかしい。投資はギャンブルではない。そもそもその人、勉強する時間投資もする気が無いんじゃないの。ギャンブルだと思ってる人はFXとかチャートのところばかり見てるんだと思う。だってビットコインでも一番儲かってる人って売らなかった人ですよ。売買した人じゃなくて。これって重要な価値観で、ホールドしてる人が儲かってるんだから。あとは、楽して儲けようと考えた時に、なぜか日本人はギャンブルという発想に至るんですけど、危険だよね。投資に回して何もしなくてもお金が入ってくるようにするのが一番いいんだけどね。

宝くじ買う人も多いですよね

あれもCMうち過ぎでしょ。あの買うのに並んでる時間でGDP損してるなら悪ですからね。(サッカーくじ、TOTOについて)サッカーくじの良いところは、サッカーって応援すべきことじゃないですか。サッカーとかスポーツって人類の持ってる文化活動の一つだし、楽しいし、アスリートにお金が落ちることは良いことなので、それを賭け事にしてお金を回すという考えは正しい。だけど、宝くじって色んなことにお金が回ってるとは言うけれど、ユーザーは選択的にそれを選べないわけですからね。選択性があればもう少し楽しめるんでしょうけど。俺は何も無い理由で並ぶのは嫌ですよ。

Q.投資として学びの第一歩として何が有効ですか?

何かポジション取ってくれば良いのではないですか、株とかでも。そうじゃないと分かんないし。

落合さんは何歳から投資はじめたの?

10歳くらいから株とかはやってましたけど。うちの親父(落合信彦氏)が株がめちゃくちゃ好きだったので、何買ったら良いとか普通に言われるんで。

Q.今後の日本の不動産価格はどうなると思いますか?

あまり分かんないけど、共同研究先にはあるんですよね。一つあるのが、建売したものがどうやって価格下げなくするのがキーワードの一つで、そのリスクを取れない人が、Jリートとかのリートを使って小口の投資に回していくのは一つありだと思うんですけど・・・守秘義務に引っ掛かるのでこれくらいで・・・

Q.落合さんが学生の頃から意識していたことはありますか?

IPAと言う情報処理推進機構にスーパープログラマー認定機構っていうのがあって、それをもらってから割りと個人でもお金を稼げるようになったんですよ。お墨付きが必要な物は貰っておいたほうが良いっていうことと、あとは手に技が付いていればぶっちゃけた話、食っていけるということを学生の内に早めに見に付けるということがすごく大切です。大学に入ってるということは、そのポジションを取ってるということ。あなたの学びで価値を生み出さないといけないということなんですよね。それは考えた方がいい。(レバレッジ掛けれていないのか、リスク分散してるのか分からないけれど)関係のないことをバイトにしてるならすぐに辞めて、違うことやったほうがいい。


Part.2 新しいお金の可能性

〈新しいお金〉
①仮想通貨 ②信用経済

お金の形が変わってきている中で、どう考えていけば良いのか

本質的には信用とは何かということと、価値っていうものは何かということをしっかり考えることが必要。未来に向けた信用や価値を付けるってことを考えることがすごく重要で、ほぼほぼ今のフィジカルな価値に対して価格付けたりはしていないし、お金ベースにものを考えてないし、法定通貨に変換できる、いくらで変えられるという考え方では物事は回らなくて、例えば知名度というのは信用だし価値だし、逆に言うと何か出来る能力やスキルも価格に変換できるし、タイムバンクで時間買ってもいいし、VALUで誰かのを買ってもいいし、未来を予測してお金に繋げてる人だっている。若しくは人によってはリサーチしてるかもしれない。リサーチや研究って何でお金が集まるのって聞かれるけ簡単で、未来における商材を予測するにはプロトタイプするしかないので、ここにベットすればいくらになるのかをって考えるとそれも価値である。未来にできるものを考え、その中で早くできるものと出来ないものを区別して考えることは、それも価値と言える。そうことをやることの全てが経済活動ですよね。お金の可能性というよりは、価値交換や信用の可能性というものがこの社会全体で生まれつつあるってところを考えた方が良いと思う。

法定通貨に変換できることとか、換算できることとかは問題ではない。何らかの価値は何らかの価値を生み出すことをしよう。なるべくそれがスケールするようにしよう。この2つを意識すること。なるべく回すほうがいい。タンスに金を溜めてる場合じゃない。

こういう風習が広まればポテンシャルのある若者にもチャンスが生まれる

タイムバンクとかVALUがそういうことですよね。それは正しい方向だと思いますよ。未来の価値を信用で手に入れることができるようになってきているんだから、やるべきことをやればいいんですよ。価値を生み出すようにね。

メディアに出て行くなど、知名度って大切ですか?

知名度って大切ですよね。何故かというと、発信可能でないと新しいものを作ってもメッセージが届かない。知名度って価値に転換できるので、そっちを得てから真面目にやってもいいんじゃないですか。真面目と言うか、信用度を使ってやるべきことを掘り下げるとか。僕はよくやってますけどね。どこで価値を使って価格に変換していくってことをちゃんとやっていった方がいいし、あと知名度を価値に変換できることが面白いと思ったのが、知名度が高い人は知名度が高い人と知り合いになれる。そうすると時代がもっと読みやすくなってくる。そこはもはや指数関数的な上昇をするんですよ。そうすると第一人者から話が聞けて、そうなればリサーチテーマが鋭くなるじゃないですか。そして今何が必要かも分かるので、そうなると未来の価格も予想しやすくなるので価値が上がるんですよね。それをなるべく高速に繰り返すこと。

[ユーザーからの質問]

Q.落合さんって財布は持ってるの?

よく落とすから、最近は肩掛けのヒモ付きになってます。(いつもいくらくらい入れてます?)んー、1500円くらい。現金まじで持ち歩いてないんですよ、落とすから。SUICA使ってる。SUICA使えないタクシーなんかは乗らない。だってアプリで呼ぶから、日本交通とか。

Q.金融教育を小学生にやるべきか

うん、やるべき。金融教育って何かと言うと、今ある価値が未来では上がるのか下がるのかを見極める能力。それを身に付けるためには、何が何に価値があるのかを考えないといけないし、あとは自分にとって価値があるのかと市場にとって価値があるのかを考えないと自分のやるべき事は分かんないですよ。両方に価値があるものって一番価格が高いわけですよね。自分に取って勝ちはあるが市場には価値がない、だが将来的には市場にとって価値がでてくることこそが今すぐにやらなければいけないことなんです。
ストレスなんだよなあ。自分にとって価値のあることはストレス溜まんないですから。自分に価値のあるもので、市場にとって一番価値になるものを選べばいいんですよ。

Q.知名度の低い人がそのスパイラルに入るためには

(NEWS PICSでコメントすればいいんじゃないですか?笑)あとは、勉強すればいいんじゃないですか。だって突き抜けてないと集まんないですからね。どんな分野でもいいですから。ホリエモンが言うには、アイスキャンディー食えばいいとかね。(←アイスマンのこと。ひたすらアイスばかり食って有名になった)とにかく何か突き抜けてポジションを取ること。

Q.落合さんの金融ポートフォリオは?

最近は仮想通貨ばっかりですね。でも僕が一番投資しているのは、通貨とかリサーチとかじゃなくて、学生です。だって今うちのラボ45人いるからね。僕の目標は5年で50人育てることだったんですけど、今は目標をアップチャージしてMAX100人育てようと考えてて、100人育てればその人たちが生む資産価値とか市場価格は異常に大きいんですよ。それができるようにスキームを僕がブルドーザーでぶっ壊しているんで。人間に投資するのがいいんです。一番価値が高いんですから。しかも学生は投資家が誰も見向きもしないんですよ。投資価値がないから。けど僕が投資価値があるところまで引き上げてやるから、それで意味があると思うんですよ。(落合マフィアができそうですね。諭吉先生みたい)そうね、諭吉先生の投資はでかいですよ。ええと、松下村塾の投資、吉田松陰の投資は圧倒的に効いてるんですよ。だって吉田松陰って20代で亡くなってるじゃないですか。でも明治政府の偉い人が大体松下村塾から輩出されてて、こういった投資価値っていうのがその時代の変革点に必要なので、本質的に必要なことは投資価値のある人間を育てることなんですよね。時代を変える為には人を集めなければならない。アップデートと言っているが、それには人が必要で横に広げていかなければならない。優秀な人間を育てて勝負をかける。これ重要です。これは大学であったり、企業が人材育成をする意味でもあるんですよ。そうなれば尖った優秀な人材が社会に溢れ出しますから。企業と大学と組むことが増えてくればいい。


Part.3 私たちはお金にどう向き合うべきか

①お金ではなく価値に向き合え

日本円でいくらなの?ドルでいくらなの?って本質的に意味はない。それって一体どんな価値を生み出してるのかを考えよう。市場との距離と自分との距離、あとは自分がストレスなく対処できるかということと市場で求められているかを計算することが大切だと思う。

②未来における対象の価値を予測しろ

未来にとってそれが必要なのか必要でないのかを何となくでもコメントできるようにしておくことが大切。これをあまり考えないと、何をすべきなのかがよく分からないですからね。例えば明後日のビットコインの価格が上がるか下がるか予測できたのならば、それは僕しか知らない情報であり、それで行動を取ると言うことは、価値である。これができるとリサーチはできるんだけど、リサーチするには過去に受け継がれてきた成功やら失敗やらに対して、次の一手が価値を上げるのか下げるのか、どこに行くのかを予測して手を打つことができる。

価値を予測する能力はどう高めるのか

ものが好きかどうか、対象に興味があるかどうか、ずっとそれを見ていられるかどうか。つまり集中力。僕が今興味あるのは、日本のグランドデザイン。日本のグランドデザイン、昔は政治が主体だったんだけど、今は産業と教育とその辺が一体になった体形をどう作れるかだと思うので、その辺を頑張って考えてます。

ポジションをとれ

①と②な何となくできるかもしれないが、いざ自分でやってみると言うは易く行うは難しで上手く行かないことが多い。ポジションは取っておいたほうが理解も深まる。例えば子どもを持つということもポジションを取っているということ。子どもを持っていない人は子どもを持っている人との気持ちは分かりづらい。とにかく分かるためには、とりあえずやってみることが大切。

落合さんはすごい速度と数でPDCAを回していますよね

うちのラボは人生の時間に対するコミットメントが異常に高いので。そこは意識してやってますけどね。まあ中にはのほほんとやってる人もいるけど、アメリカ式でありながら日本式やヨーロッパ式も取り入れて考えて上手く行くようにやっていこうとはしてるんですよね。

[ユーザーからの質問]

Q.今日話したことを社会で取り入れていくには

これらのことが浸透すれば僕や僕の弟子達には有利になる。なので出来るだけそういうことをTVやメディアで言うようにはしている。そこでリサーチマネーを集めたり労働をはたらかせてなるべくテコを掛けるようにしている。それに対して対抗勢力が生じるとよくない。つまりゼロサムゲームになってはいけない。そうしないためには、今パイを持ってる人をそこにはめ込む。皆がハッピーになるように持っていく。それは投資させてあげるということなんです。投資をもらうというのも一つだが、全然自分とは違うところに学生をぶち込むみたいな。そういったことをすると、化学反応が起こってジャンプすることがある。市場の変則を打ち破ったときは、誰も損しない。だって市場が拡大するんだから。テクノロジーというのはそういう力を持っている。それは組み合わせでも総和でもなく新しい発見なので、そういったものを作るって事を考えていかないといけない。自分が得している反面、誰かが損をしていることは自分にとっても損なわけですから。(ベンチャーとかも大企業と戦うのではなく、大企業とうまく組んでレバレッジを掛けたほうがいいですよね)うん、何で戦っているのかがよく分からない。同じパイの中で自分の方がうまくやれると考えるベンチャーはレガシーからは懸念される。だけど新しいテクノロジーを生んで一緒にやろうと考えるベンチャーは支持される。だから自分はテクノロジーベンチャーにしか投資しないし、自分もテクノロジーベンチャーしかやらない。テクノロジーを入れれば市場の規模が広がるわけだから、そういうモデルを作るべきであり、新しい市場をあみ出し続けるところに新しい投資を生むべきで、それは今の構造をひっくり返すゼロサムゲームではないわけなんですよ。それをやるには教育と研究が大切なんです。

Q.日本の年金制度について

なぜ年金が必要なのかを考えたほうがいい。よく分からないけど、国民年金で積み立てるのも自分で積み立てるのも何も変わんないのでは。まあ自分で積み立てるのが面倒な人はいいんじゃないですか。

Q.信用経済や価値経済は世界的な流れなのでしょうか

これはヨーロッパにはきついと思いますよ。でもアジアにとっては良い流れ。人口の多いアジアはこれからの機軸を変えることができる。これから民主的に通貨を統一できるエコシステムにこれからはなるはず。仮想通貨はアジアを一体化させるテコとなり得る。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク