話題のアイドルユニット「仮想通貨少女」|メンバーとその実態とは

12星座をモチーフにしたアイドルグループ「星座百景」を運営する株式会社シンデレラアカデミー(本社:東京都新宿区)は、2018年1月5日に派生ユニット「仮想通貨少女」を結成したことが先日話題に。

仮想通貨少女〜お披露目ライブとメディア取材日が2018年1月12日(金)に決定!

一体「仮想通貨少女」とは、どういったグループなのだろうか。

結成のキッカケとリーダーの想い

今、仮想通貨業界はマネーゲーム化が止まりません。儲かるか?儲からないか?何倍になるか?などの欲が先行し、その通貨の技術やポテンシャルを無視しているように見受けられます。中にはICO詐欺なども横暴し被害にあっている方もいます。
このまま行けばどこかで大暴落が起き、大損をする人が増え、せっかく世の中を変えるような技術が淘汰されてしまう可能性があります。
だからこそ私達は仮想通貨がただの投機の道具ではなく素晴らしい未来を創る技術だという事をエンターテイメントを通じて推進していこうと考えています。
(仮想通貨少女 運営)

仮想通貨少女は決して投機や投資を進めるユニットではありません。数ある仮想通貨の中から未来のある通貨を厳選し正しい知識をエンターテイメントで広めるユニットです。まだまだ未熟な私達ですが日々勉強して皆様のお役に立てるよう頑張っていきますのでよろしくお願いします。
(仮想通貨少女 リーダー成瀬)

仮想通貨少女は、技術やポテンシャルを無視してマネーゲーム化しICO詐欺なども横行している仮想通貨の現状に警笛を鳴らすと共に、仮想通貨の本来の魅力や仮想通貨がもたらす輝ける未来をエンタテインメントを通じて推進するために結成させたグループなのである。そして、メンバーはそれぞれ推している仮想通貨の名前を属性として持ったアイドルグループだ。

しかし、何故このようなタイガーマスクのような覆面にしたのか・・・少々頭が痛いが、やはり「仮想通貨」というまだまだ先行きの不透明さを表わすためにも、謎めいたグループであるべきだと考える運営側の思惑なのだろうか。

ビジュアルやスタイルといった外見にとらわれず、しっかり内面を見て推しメンを決めるといった方向性は、数ある仮想通貨をネームバリューや飛び交う情報に惑わされず、その通貨の内部システム、利点や欠点といった内側の部分までしっかりと判断すべきであることと重ね合わせたのだろうか。
それでは、「仮想通貨女子」のメンバーを紹介したいと思う。

仮想通貨少女 メンバー紹介

属性は各メンバーが推している”仮想通貨の名前”です。


rara cinderella_talent

成瀬らら:18歳
属性:ビットコインキャッシュ(BCH)
@naruse_rara


rara cinderella_talent

白浜妃奈乃:16歳
属性:ビットコイン(BTC)
@sirahama_hinano


rara cinderella_talent

天羽あみ:年齢非公表
属性:イーサリアム(ETH)
@amoami_ami


rara cinderella_talent

南鈴々華:22歳
属性:ネオ(NEO)
@minami_suzu_ka


rara cinderella_talent

愛須もも:年齢非公表
属性:モナ(MONA)
@aisu_mo_mo


rara cinderella_talent

松沢果菜子:17歳
属性:カルダノ(ADA)
@matuzawa_kanako


rara cinderella_talent

上川湖遥:17歳
属性:ネム(XEM)
@kamikawa_koharu


rara cinderella_talent

香月ひなた:15歳
属性:リップル(XRP)
@kozuki_hinata


・・・私が買いかぶり過ぎていたのだろうか。めちゃめちゃ顔出ししていた。twitterまで公開している。ではなぜこのようなダサいマスクにしたのだろうか。なぜリーダーは、BTCではなくBCHなのか。運営がBCH推しなのか。ある意味、謎が多い。

そして「仮想通貨少女」には厳格なルールも存在する。

① お給料はビットコインで支給
② マスクは絶対取らない
③ 海外展開も見据えてのメイド服

①は何となく分からなくもない。頑張って仮想通貨に寄せている頑張りが見えるが、どうせなら担当の仮想通貨で支払えば良いのにとも思う。個々の頑張りがその通貨の価値を上げることに繋がるのならば、彼女達もより担当の仮想通貨の普及に力を入れるだろうから。だが結局、ビットコインに落ち着かせているのが少し気に入らない。だが、①はまだ許せるルールであるだろう。

問題は②だ。いやいや、マスクは絶対取らないって・・・。もう脱げてますから。笑いを取りにいってるのか本気なのかが分からない。
ボラティリティーの高さから基軸通貨としてはまだまだ発展途上の仮想通貨であり、FX化、マネーゲーム化、ICO詐欺を撤廃すると誓う彼女たち(というより運営者)の言葉を信じて良いものだろうか。情報に精通していない一般の人やアイドル好きを、危険な投機へ助長することにならないか少し心配ではある。

最後に③だ。メイド服=海外では受ける、といった思惑だ。
実際に日本のとあるメイドカフェに訪れた外国人の反応を見てみよう。

『これ可愛すぎる。』
『すごく楽しそう!!!是非行ってみたい!!!』
『すごい!アニメを見てるみたいw』
『日本のメイドカフェもメイドもキュートすぎる。』
『以前からメイドカフェの中を見てみたかったんだよね。』
『メイドカフェに行ってきた!すごくキュートで最高の経験だったよ。』
『この衣装が欲しくてしょうがない。いつもながら最高だった。』
『ぶりっ子攻撃に魅了されたw』
『可愛すぎる!プレミアムメイドが担当してくれるなんて・・・』
『メイドが本当にく優しくてフレンドリーすぎる。』
『彼女達は本当にキュートだね!落ち込んで誰かに優しくされたい時には最適だね。』
『女性だから以前からメイドカフェが男性専用なのか気になってた。本気で行ってみたい!誰でも行っていいんだよね?もしそうなら絶対に行く。』

どうやら海外進出を目論んだメイド服戦略はいけそうだ。
だが、あのマスクが全てを台無しにしている。要するに、私のような中年男でさえもマスクを被ってメイド服を着れば、そこまで遜色はないはずである(少し言い過ぎか・・・)。とにかく②の「マスクは絶対取らない」を「基本取らない」程度で留めとくべきではないだろうか。せめて海外に進出する時くらいは、マスクを外して日本の誇れるオタク文化をアピールしてきて欲しいものである。


とにもかくにも、何かと話題の「仮想通貨少女」。
もし私が運営者であるならば、VALUやTimeBankのように、彼女らと仮想通貨を紐付けてトークンを発行し、ファンが増えれば増えるほどメンバー各々で価値が上下するような仕組みにしただろう。
まあ、そうなると色々と面倒なことが起こる可能性も否めないが。

最後に皆様に伝えておきたい。特にアイドル好きの方は、くれぐれも推しメンだからとていって浅はかな考えと無知蒙昧で仮想通貨に手を出すのは危険だということを忠告しておきたい。10年20年先には、きっと我々にはなくてはならないエコシステムになるであろう仮想通貨やブロックチェーンのシステムも、今はまだ投機的要素が強く、いわゆるバブルの状態だ。2018年も大きな上昇も見込まれているが、いつ弾けるかも分からない。
それに先日、私の知り合いがウォレットに入れていたネム(XEM)を一瞬で根こそぎかっさわられたという話を聞いた。
時価総額で100兆円にも近付いている仮想通貨ではあるが、とは言ってもまだまだ発展途上であり、脆弱な部分も残されている。

「仮想通貨女子」へはストーカーにならない程度に追っかけるのは良いと思うが、仮想通貨に関してはストーキングするくらいの気持ちで情報に耳を傾け慎重に取り組んでいただきたい。

また機会があれば、注目のアイドルユニット「仮想通貨女子」を取り上げてみたいと思う。

PS. 色々言ったけど、Youtube聴いたら売れる匂いがプンプンしてきたぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク