WEEKLY OCHIAI まとめノート|落合陽一の「学問ノススメ」

テーマは「学問ノススメ」。論文を読む、サーベイをする。先週の情熱大陸でも一端が描かれた落合さんの日常的な研究生活の中から「人生において新しいことを発見するための勉強法」についてNOTEした。

落合陽一に学ぶ「学問のススメ」

題材に入る前のプレクエッション

Q1.落合氏を購入するにはいくら必要?
ーーータイムバンクでは、7,600億円の値が付いている。チームとしてならそれくらいは必要かな。

Q2.英語学習で必要なことは?
ーーーアウトプットとインプットの均等化。トークも書くことも両方均等に学ぶことが必要。

まず最初に、「カレー食っても落合にはなれない」ことは頭に入れて話を進めよう。

 Part.1 勉強と研究の定義

勉強と研究は繰り返しである。その心とは。

勉強とは他人が研究したことを学ぶこと。研究とは他人が勉強することを可能にすること。
それを交互に行うことで学問・知識を広げることが一般的なエコシステムである。21世紀的にはどちらもできないと駄目である。
他人の事をどう学ぶかは、研究すればよく分かる。

トレンドを読むことは重要
勉強することも重要
しかし一番重要なのは、トレンドを作る側になること

研究するには時代性を読めないと駄目。先人が研究してきたことをその時代その時代でどうオリジナリティを創り出すかが大切。

Part.2 デジタルネイチャーラボの定義

サーヴェイの正しいやり方

①まず面白そうなテーマを見つける
②論文は時間を決めて一気に読む(ex.1時間)
③読み終わったら、どんな論文だったかまとめる
④次に読む論文を決める・探してみる

まとめる、要約する、自分の思考をまとめる癖を付けること。
上記の4つの流れを繰り課すことが大事。

サーヴェイは自分のネタが先行研究と被っていないか探すもんじゃないんだ!先行研究と自分が目指したい世界との間で、何が研究になるかを考える作業なんだよ。だから音が好きとか絵が好きとかそんな感じの出発点でいいから乱読してマップを作ってみることに意味があるんだ。
(落合陽一授業/ゼミアカウント より)

研究とは、ただのリサーチである。仮説を証明してケーススタディをすることは、とても重要な能力である。
何に対しても仮説・検証することが重要。

Q.落合氏にとっての知性とは?

インプットとアウトプットの転換量の早さ。早い人と遅い人の違いは、好奇心と興味の違いである。
考えている状態を持続できない、集中力が持続しない人が多い。
集中力を上げるには→インターネットを切断すれば上がるのでは。

落合流ノート術→メモはiPadを利用。好きな場所に書き込む。

小さい頃、周りの子ども達と違ったTV番組を見ていた。そこで培ったことが「周りに同調しなくても良い。自分は自分で良いんだ」ということ。
これが意外と重要。教育もその子その子に合わせたカスタマイズ教育が進んでいく。

Part.3 クリエイティブになる3つのポイント

分解 改造 鑑賞 (+いたずら)

例えばiPhoneを分解してみる→改造してみる→改めてiPhoneの価値を知る
美術においても、どういった手法や技法で描かれているかを考える→自分で真似る、試してみる→そこで自分に足りないもの、必要なものが分かる。
そしてこれらのことを高速で繰り返しつつ、好奇心や興味といったいたずら心をちょこっと入れることがクリエイティブに繋がる。
日本人は鑑賞能力が低い。もっと好き嫌いがあっても良いはず。主体性を持つようになるには、3つのサイクルを繰り返す必要がある。
鑑賞感を身に付けるには、悪いものを見ないようにする。興味のないものを排除していくことがポイント。
イタズラ心は、ロジックしたものをジャンプさせてあげるためには必要。

Q.アウトプットに必要な行動とは
誰かに聞かれて早く回す機会を作り、習慣にする。

Q.論文を読むには何が良いか
雑誌がいいよ。興味ないものも読むのでネイチャーとか良いよね。

Q.落合流の読書術とは
キンドルで買うことが多いが、何だかんだで週に2,3冊は読んでいる。風呂の中なんかで読んでいる。
最近読んだ本で面白かったのが「近代の彫刻」

Q.受験勉強の極意とは
受験は苦手だから・・・AO入試とか一芸で受かるところに行けば?地頭で受かるところに行けばいい。どこの大学に行くかより何をやるかが大事だからね。トップカンファレンスに通らない東大生はたくさんいるからね。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク